自慢の銘柄をフランスへ!「ジャポニスム2018」参加蔵元募集中! 22 January 2018 – Posted in: NEWS_JP

Japonismes 2018自慢の銘柄をフランスへ!「ジャポニスム2018」参加蔵元募集中!

「ジャポニスム2018」の公式企画の一つ「食と文化を楽しむシリーズ」として、パリのレストランと日本各地の蔵元(酒造会社)をマッチングさせ、シェフやソムリエがその銘柄のために特別に考案する「ジャポニスム2018」記念メニューを日本酒とともに提供するイベント、「酒巡りin Paris」に参加される蔵元を募集します。

毎年10月第1週にパリで開催される日本酒紹介サロン「Salon du Saké」のプレ企画とも位置づけられる本事業では、日本酒と様々なジャンルの料理を組み合わせてパリの皆様に味わって頂くことで、フランスにおける日本酒への理解・関心を一層高め、また将来的な輸出振興に向けた新たなきっかけ作りをします。
自慢の銘柄を海外へ発信する機会ともなりますので、奮ってご応募ください。
詳細は募集要項【PDF:173KB】及び参加応募フォーム【Word:285KB】を参照ください。

*「ジャポニスム2018」の詳細についてはこちらから
https://japonismes.org/別サイトへ移動します

1. 事業概要

  1. (1)事業名:(日本語)酒巡りin Paris (フランス語)Tour de Paris en Sakés
  2. (2)事業内容:パリの様々なジャンルのレストランと日本各地の蔵元(酒造会社)を1軒ずつ一組のペアにマッチングさせ、各レストランのシェフやソムリエがマッチングした日本酒に合う料理を特別に考案し、「ジャポニスム2018」記念メニューとして日本酒とともに各レストランにて提供します。
  3. (3)実施期間:2018年9月29日(土曜日)~10月5日(金曜日)
    ※蔵元はじめ関係者と相談の上、上記期間中で開催日数を決定します。
  4. (4)開催場所:パリまたはパリ近郊のレストラン等
  5. (5)主催:国際交流基金ジャポニスム事務局別サイトへ移動します

2. 応募
募集要項【PDF:173KB】及び参加応募フォーム【Word:285KB】参照)

  1. (1)応募資格:2018年の「Salon du Saké」に出品する蔵元(酒造会社)で、本イベント用(サンプル及び本番)に必要な日本酒※を提供可能な蔵元。
    ※本イベントに必要な日本酒
    1升瓶(単価:2,000円~5,000円目途)最低12本(サンプル用2本、本番用10本)又は720ml瓶(単価:1,000円~2,000円目途)最低30本(サンプル用4本、本番用26本)
    ※「Salon du Saké」出品にかかる費用は全て蔵元負担となります。
  2. (2)応募締切:2018年2月18日(日曜日)

3. 問い合わせ・応募書類提出先

国際交流基金ジャポニスム事務局
担当:我妻(あがつま)・片山(かたやま)
電話:03-5369-6027 ファックス: 03-5369-6023
sake-japonismes2018@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

4. お問い合わせの多い質問と回答

(1)焼酎や果実酒も参加できますか。
回答:本企画は日本酒のみ対象としており、焼酎や果実酒は対象外です。
(2)「Salon du Saké」の費用を教えてください。
回答:出展料は、最少ブース(1.6 メートル長さ)で 1500 €、 VIP ブース(会場内中央)で 12000 €とのことです(2017年12月時点の情報)。 その他、輸送・通関手数料等が発生します。
Salon du Saké」にかかる経費(出展料、輸送・通関手続き費用等)は全て蔵元の負担となります。

ご応募くださった蔵元様へは当事務局からも「Salon du Saké」について随時情報共有いたしますが、 蔵元の皆様におかれましても、同イベントのホームページ等で詳細を確認ください。
http://salon-du-sake.fr/ja/別サイトへ移動します

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerダウンロードページ別サイトへ移動しますGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

logo Japan Foundation